PM2.5とは

PMの大きさ(人髪や海岸細砂)との比較(概念図)(出典:USEPA資料)

 大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子です。
 PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。

環境基準について

 環境基本法第16条第1項に基づき、人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として、以下のとおり環境基準が定められています。

1年平均値 15μg/m3以下 かつ 1日平均値 35μg/m3以下

(平成21年9月設定)

※「μg(マイクログラム)」:1マイクログラムとは、百万分の1グラムのことです。
 環境基準は行政上の目標であり、環境基準を超過したからといって直ちに健康に影響がでるものではありません。

注意喚起の実施について

  • ○PM2.5の濃度が暫定指針(日平均値70μg/m3)を超えると予想される場合、「注意喚起」が実施されます。
    大分県が注意喚起を実施し、本市ではその情報に基づき、ホームページや大分市防災メール等で速やかに市民の皆さんに情報提供します。
  • ○注意喚起の時間帯は午前7時~午後8時です。
  • ○PM2.5は広域の現象を念頭に置いたものであるため、大分市内全域で注意喚起が実施されます。
  • ○最新の測定結果は、当ホームページや環境省のそらまめ君※で公開している速報値により確認してください。
    ※ そらまめ君(環境省大気汚染物質広域監視システム http://soramame.taiki.go.jp/
  • ○注意喚起が実施された場合には、「行動の目安」を参考に対応してください。

注意喚起等の基準について

 以下の判断基準に基づき、大分県が注意喚起等を実施します。

  • ○注意喚起の実施基準
    ・午前5時、6時、7時の1時間値の平均値が85μg/m3を超えた場合
    ・午前5時から12時までの1時間値の平均値が80μg/m3を超えた場合
    ・午後1時以降は、午前5時から各時間帯までの1時間値の平均値が70μg/m3を超えた場合

  • ○注意喚起の解除基準
    ・1時間値が50μg/m3以下となり、再び70μg/m3を超えないと判断したとき
    なお、午後8時までに解除の基準を満たさない場合には、翌日午前0時で自動的に解除されます。

行動の目安

  • ○屋外での激しい運動、長時間の運動をなるべく減らしましょう。
  • ○不要不急の外出はできるだけ減らしましょう。
  • ○換気や窓の開閉をできるだけ少なくしましょう。
  • ○呼吸器系や循環器系などの疾患がある方、子供、高齢者は、より影響を受けやすいと言われています。
    体調に変化を感じたら、速やかに屋内に入って安静にしてください。
    症状が回復しないときは、医師の診察を受けましょう。