光化学オキシダントとは?

 石油や石炭等の燃焼によって放出される窒素酸化物と、石油製品の揮発や燃焼等によって放出される炭化水素が、大気中で太陽の紫外線によって光化学反応を起こすと、オゾンなどの酸化性物質が発生します。(これらの物質を光化学オキシダントと総称します。)
 このオキシダント濃度が上昇して、モヤのようなスモッグ状態になる現象を、光化学スモッグと言います。
 特に光化学スモッグが著しい場合には、眼や喉の痛みや息苦しさを引き起こす場合があり、注意が必要です。

 ※スモッグ(smog)は煙(smoke)と霧(fog)を組み合わせた造語です。

どんなときに増えるの?

 4~10月頃の、◆日差しが強くて、◆気温が高く、◆風の弱い日に、高濃度になることがあります。

光化学オキシダント注意報が発令されたら?

 以下のことに気をつけましょう。

  • ○屋外での激しい運動は避けましょう。
  • ○窓を閉めてなるべく室内で過ごしましょう。
  • ○目やのどが痛くなったら、水で洗い流したり、うがいをしてください。
  • ○頭が痛くなったり、めまい、息苦しさを感じたら、屋内や日陰で安静にしてください。
    症状が回復しないときは、医師の診察を受けましょう。
  • ○自動車の使用は控えるようにご協力ください。
  • ○工場、事業場の方は排ガスの減少にご協力ください。
  • ○洗濯物は外に干しても問題ありません。

発令基準について

 光化学オキシダントの予報や注意報などの発令区分は次のとおりです。

  • 予報:濃度(1時間値)が0.10ppmを超え、さらに状態の一段の悪化が予測されるとき。
  • 注意報:濃度(1時間値)が0.12ppm以上となり、状態の継続が認められるとき。
  • 警報:濃度(1時間値)が0.24ppm以上となり、状態の継続が認められるとき。
  • 重大警報:濃度(1時間値)が0.40ppm以上となり、状態の継続が認められるとき。

※「ppm」:100万分の1を示す単位で、大気汚染や水質汚濁の汚染物質の濃度を表示するときに使用する単位です。
(例)1m3の大気中に1cm3の物質が含まれている場合ときが1ppmです。